お問合せ 資料請求 来店 イベント

CONCEPTオールアース住宅

便利さや快適さだけでなく
安心して暮らせる住宅を。

カビやダニ・ホルムアルデヒドなどの問題対策された住宅などのように「住む人」の健康を考えた住宅が増えてきました。その中で私たちは「電磁波リスク」に注目しました。
環境先進国スウェーデンでは家電製品から発生するパソコンの電磁波を規制したガイドラインがあり、オールアース住宅はこのガイドラインを基に、住まいのセーフティーガイドラインを設けています。

身近にあるテレビやパソコンなどの様々な電化製品や住宅に張り巡らされた室内配線から電磁波を生み出しています。
30年間と比べると住宅の大きさや、様々は家電製品が増えるのにともない、コンセントの数は16箇所から48箇所、照明の数は16箇所から42箇所、分電盤の回路数は6回路から23回路に増えました。その結果、屋内配線の数量は約1kmにもなります。
現代の住宅は便利になった反面、電気が溢れ、家電製品ばかりでなく、建物そのものから電磁波が発生してしまうようになりました。

何十年とお住まいになる住宅をより安心して暮らせるように。


人間は手や足の指先まで、また体内のあらゆる器官・組織に至るまで、小さな小さな電気信号(生体電流)によって活動しています。この小さな小さな電気は、100V の大きな電気の負荷を受けることによって様々な影響を受けるとされています。私たちはご家族皆さまの健やかで楽しい毎日をこれから何十年と過ごされるお住まいを通してお手伝いしていけるよう心がけています。

WORKS対策と施工

POINT 01
一日だけ、ブレーカーを落としてみましょう。
テレビもパソコンも使えず、夜は電灯もなく原始生活になってしまいますから、ほんのちょっと勇気が必要です。
でも一日、過ごしてみたら・・・、どうでしたか?
身体が軽くなったような感覚を覚えたり、肩こりや頭痛が治ってしまったりするかもしれません。
電磁波が私たちの身体や精神状態に影響を与えていることを簡単に体感することができます。
POINT 02

身近な家電はアースで解決。

テレビや冷蔵庫、電子レンジなどは必ずアースを繋ぎ対策をしましょう。直接触れるパソコンは特に注意が必要です。パソコンを例に取るとアース前は700V/mだったものがアース接続することで1V/mへ電磁波が軽減されます。アースがついてない製品はアースターミナル付アースコンセントを設置することでアースをすることができます。

POINT 03
壁や床下の室内配線からの
電磁波をシャットアウトする。
家中に張り巡らされた室内配線からももちろん電磁波が発生します。オリジナルの導電性繊維を床や壁の内部に施工し、アースすることによって屋内配線から発生する電磁波をシャットアウトします。床はフローリングや畳の下、壁はボードを貼る前にシートを施工していきますので、竣工後は見えなくなり、美観を損なうこともありません。

オリジナル導電性繊維を床下に施工。
壁の内部へのオリジナル導電性繊維の施工。
施工後は、電磁波が抑えられます。
POINT 04

アースでは対策のとれない
部分もしっかりとした対応を。

床暖房同様にアースをしても対策のとれない種類の電磁波の発生源である、電気の引込から分電盤までの幹線と言われる太い配線もしっかりとした対応を。寝室や子供部屋など長時間過す居室の床下を通らないように配慮しています。
※幹線からの電磁波はオールアースのシートを施工しても抑制することができません。